総合型カタログギフトの場合

お祝い事の贈り物を選ぶときに、総合型カタログギフトを選択することがあると思います。ここでは、総合型カタログギフトのメリットやデメリット、選び方などについてお伝えしていきます。総合型カタログギフト探しの参考にしてくださいね。

内祝いや誕生日祝いなどに使えるカタログギフトとは?

カタログギフトとは、カタログの中からプレゼントされた側が自分好みの商品を選べるというサービスです。予算に合わせたものを選ぶことができるので便利です。

百貨店型カタログギフトの場合

百貨店型カタログギフトを選ぶとなれば、さまざまな条件をチェックする必要がありますよね。プレゼントした相手に喜んでもらうためには、どんな点に注意すればいいのでしょうか。ここでは、百貨店型カタログギフトの選び方のポイントについてご紹介します。

百貨店型カタログギフトのメリット

百貨店型カタログギフトは、カタログギフトメーカーが掲載する商品を選び、それを百貨店に確認してもらう仕組みとなっています。百貨店側がその内容に納得しなければ、商品の選び直しを行います。百貨店といえば…

Read More

百貨店型カタログギフトのデメリット

カタログギフトは冊子の写真を見て商品を選ぶ事になるので、実物は商品が到着するまで確認する事が出来ません。ほとんどの場合、サイズ感の把握が必要な商品にはカタログ内に寸法が記載されています。しかし、数…

Read More

百貨店型カタログギフトの選び方

バリエーションが豊富な百貨店型カタログギフトを選ぶのが良い

百貨店型カタログギフトの場合、百貨店が一からカタログギフトを作っているわけではありません。ほとんどの場合、百貨店側がカタログギフトのメーカーが作成したカタログをチェックして商品を厳選しているのです。そのような背景もある事から、一般的なカタログギフトと比べると百貨店型カタログギフトは商品数が少ない傾向にあります。そのため、贈る相手が興味や関心を持ってもらえるような商品が載っていない百貨店型カタログギフトは選ばないようにしましょう。なるべくバリエーションが豊富で選択肢が多い百貨店型カタログギフトを選ぶのが一つのコツと言えます。自分の趣味嗜好で選ぶのではなく、受け取る側の気持ちになって選ぶ事が大切です。

有効期限が長いなど利用しやすいカタログギフトを選ぶ事が大切

百貨店型カタログギフトを選ぶ場合は、有効期限や申し込み方法などは忘れずにチェックしておく事も大切なポイントです。受け取る側としては、申し込み方法が複数あり、有効期限が長いカタログギフトの方が利用しやすいからです。一方、申し込みするのを忘れてしまい、期限切れになってしまったというケースも少なくありません。そのため、申し込み状況を知らせてくれるサービスが付いている百貨店型カタログギフトを選ぶとさらに良いでしょう。 また、実際に届いた商品がイメージと違っていったというケースも想定して、商品の取り換えができるカタログギフトを選ぶ事も重要です。さらに予算オーバーにならないよう、料金システムをきちんと把握しておく事も百貨店型カタログギフト選びでは必要になってくると言えます。